スライドホイッスルみたいなオカメとゴシキセイガイ

余裕のオカメと、だんだん遅れてゆくゴシキセイガイ。

オカメインコのSpunky(男の子)と

ゴシキセイガイインコのSteve(男の子だと思ってたら女の子だったそうです☆鳥さんあるある。)

 

飼い主さんの指揮(クッションを上下に動かしてるみたいです)に合わせて

身体全体を使って「ヒューーイッ」

 

教え込んだわけではなく

二人が毛繕いをしている時に

「ヒューッ!(←この部分)ワーオ、なんてセクシーな鳥!」

って飼い主さんが褒めていたら

Spunkyがすぐに真似するようになり、

それをSteveも真似し出したそうです。

(日本文化ではあまり使いませんが、

wolf-whistleと言って、魅力的な女性に対して男性が吹く「ヒュー」だそうです_φ(。_。*)メモメモ)

 

二人はこの遊びがお気に入りみたいで

この動画の時も10分近くやっていたそうですよ…!

途中からSteveが飽きたのかスタミナ切れか、

集中力の途切れ具合がほほえましい。

(楽しそうにホイッスルし続けるSpunkyを見てすぐに戻ってくるのもかわいい☆)

 

この二人の顔が交差する画も癖になります。

これまた何度も観てしまう系。アブナイアブナイ:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

ちなみに、タイトルに書いた「スライドホイッスル」というのはこの笛です↓