子猫の保護者、カラスさん(゜∈ ゜ι)

.・゚・(ノд`)゚・.素敵すぎる二人。。

 

1999年。

アメリカはマサチューセッツ州、

ノースアトルボロでのお話です。

 

Collito夫妻がポーチに座っていると

子猫がさまよっているのが目に入りました。

その2、3日後

同じ子猫がカラスを連れて歩いているのを見つけました。

 

夫妻は子猫が飢えているのではと心配し

ごはんを用意しましたが

子猫は大丈夫な状態だということにすぐに気づきました。

 

なんと、

一緒にいるカラスが虫を捕って

子猫に与えていたのです。

しかも、

ちゃんと水を飲ませ

敵から守り

子猫が道路を横切る時は

しっかり見守っていたというのです!

 

夫妻がごはんをあげると

カラスも一緒に食べるのですが

必ず、子猫にたくさん与えるように

カラスが配慮していたそうですΣ(*゜ω゜ノ)ノ

 

子猫はCassie、カラスはMosesと名付けられました。

夜間、Cassieは夫妻の家の中で過ごしました。

朝、Cassieが外へ出てくるまで

Mosesはドアの前でカァカァと鳴いたそうです。

———

CassieとMosesの素敵な関係は

5年間も(おそらくMosesが亡くなるまで)続きました。

Cassieは今年で15歳になると思われます(*´ω`*)

 

CassieとMosesの絵本や

↓曲も、作られたそうですよ♡